Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    BCM支援事業協組が発足、サンワNETSなど

    2012年3月14日

     
     
     

     災害発生時における企業の事業継続計画(BCP)の導入、改善を支援するための事業協同組合がサンワNETS(水谷欣志社長、袋井市)などの呼び掛けで発足した。物流や情報サービスなど各分野の専門家が集まって組織、共同受注することで、中小企業が抱える課題に対し、完結したコンサルティングを提供できるのが特長。BCPやBCM(事業継続マネジメント)に主眼を置いた事業協組は全国的に見ても珍しい。
     昨年の東日本大震災では、製造業のサプライチェーンが機能せず、多くの企業が長期間の生産中止を強いられた。また、本来BCPは自然災害だけでなく、新型インフルエンザや大規模システム障害なども対象としていることから、中小企業や自治会などニーズの裾野が広いと判断、1年前から協組発足の準備を進めていた。


     組織の名称は「BCM技術開発推進事業協同組合」。サンワNETSのほか、システム会社のロジック(浜松市中区)、コンサルティング会社のビブレ(同)、鍬竹税理士事務所(同)の4社で発足。6日に設立総会が開かれ、理事の選任と定款の決定、初年度の事業計画と予算案の承認を行った。
     初代理事長に就任した小川直人氏(ビブレ)は「地域になくてはならない組織にしていきたい」と抱負を述べた。
     事業年度は4月1日から3月末までとし、初年度となる2012年度はBCM導入支援セミナーの実施10回、BCP策定支援10社などを見込み、事業収入1311万円を計画している。
     サンワNETSの水谷社長は「当社は独自の在庫管理システムを開発しているほかに、防災グッズも取り扱っている。各分野のエキスパートがトータルで提案を行い、需要に応えていきたい」と話している。
    ◎関連リンク→ 株式会社サンワNETS

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら