Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    鴻池運輸 タイに定温物流施設、4温度帯に対応

    2012年4月6日

     
     
     

     鴻池運輸(鴻池忠彦社長、大阪市中央区)のタイ現地法人「KONOIKE COOLLOGISTICS(THAILAND);LTD」はこのほど、定温物流センターを完成させ、3月26日に竣工式を実施。


    033103.jpg
     同社は「バンコク市中心地から30km、サムットプラーカーン県バンプリー郡に建設した当センターは、タイでは初めての4温度帯対応」と説明。冷凍、冷蔵、中温(15─20度)、中温(25度以下)の複合倉庫で、敷地面積は2万2400平方m、平屋倉庫は9858平方mで、約1万パレットの収容能力を誇る。
     食材や商品を365日、最適な温度管理で保管・配送を行う「定温物流サービス」に対応できる拠点で、食品・原料の倉庫管理業務をはじめ、コンビニやレストラン、スーパーマーケット、食品工場への配送管理業務などを行う。また、鴻池グループ内でタイから日本国内までの一貫物流サービスも可能。
     同グループは「グローバル化の加速を経営戦略の柱に据え、海外ネットワークを積極的に構築しインターナショナル・フレイト・フォワーダー(国際複合一貫輸送事業者)としての機能を強化している。特に『定温物流サービス』を重点施策の一つとして、国内外22拠点が連携し、きめ細かなサービスの提供を目指していく」としている。
    ◎関連リンク→ 鴻池運輸株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら