Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    国交省・物流センサス 貨物量15.4%減

    2012年5月14日

     
     
     

     国交省は4月24日、2010年度に実施した全国貨物純流動調査(物流センサス)の結果を発表。年間貨物量は前回(2005年)調査に比べ15.4%減少し、1975年調査と同水準まで落ち込んだことが分かった。


     貨物1件当たりの貨物量(流動ロット)も減少し、前回調査で68.7%だった「0.1トン未満」の小口貨物が75.1%に増加したことで、件数ベースの貨物量は増加した。
     輸送機関で利用したモードのうち、最も長い距離を利用した「代表輸送機関」は64.2%がトラックで、海運は10.0%、鉄道は0.8%。輸送距離1000km以上では海運70.9%、鉄道5.3%と長距離輸送で海運・鉄道のシェアが高まっている。代表輸送機関の選択では「輸送コストの低さ」が最重要視されている。
    ◎関連リンク→ 国土交通省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら