Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日貨協連 KIT加入促進に注力

    2012年7月31日

     
     
     

     日貨協連(杉本守巧会長)は4日、共同輸送・ネットワークKIT事業委員会(室山脩之輔委員長)を開催。室山委員長は「WebKITの稼働状況を見ると、前年同月をほぼ毎月上回っているが、加入状況は今年に入り1割を切る状況が続いている」と指摘した。
     平成24年度の重点実施事項は、会員のうちKIT事業未参加の組合に加入を働きかけるほか、KIT利用協組未設置地区に設立を促進、会員以外の加入を促す。WebKITの普及について、総端末数3650台(前年度比23%増)、加入事業者数2300(同18%増)が目標。


     情報の信頼性と輸送品質の向上のため、Gマーク取得率アップ、WebKITの適正利用、利用上における荷物事故の防止、取引先評価機能は評価率30%を目標に研修会を行う。
     また、利用促進を目的にキャンペーンを実施。運輸局単位でのブロック別研修会を開き、利用を促す。求荷情報登録の目標値は60万件(前年度比7%増)、成約率は25%(同22%増)を目指す。求車情報登録の目標値は15万件(同14%増)、成約率は10%(同31%増)。
     このほかシステムの円滑な稼働を目指し、監視体制を強化、利用者の使用感などの意見を募集し検証するWebKITシステム改善ワーキンググループにより、さらなる利便性を高める。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら