Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    物流連 24年度事業計画を発表

    2012年7月30日

     
     
     

     物流連は2日、平成24年度の事業計画案を発表。物流を取り巻く状況の変化に機敏に対応し、物流の発展に資する調査研究や情報提供などを図るとともに、物流に関する行政の諸政策や立法措置に関しても、積極的に意見や提言を行う。


     基本政策委員会では、体制の充実と新たな会員サービスの充実を、物流環境対策委員会では、グリーンパートナーシップ会議やモーダルシフト取り組み優良事業者公表制度、環境物流大賞などを実施する。
     人材育成・広報委員会では「中学生の職場体験」や物流教育を補完する副教材作成などを引き続き行い、物流連ホームページを活用した教育支援も推進。経営効率化委員会では、少子・高齢化による労働力不足問題についてアンケート調査を実施するほか新型インフルエンザ対策、大震災からの復興支援などに対応する。
     また、業務改善委員会は「国際業務委員会」に改組。海外進出を図る企業の問題解決や要望集約をし、国と物流事業者の橋渡しをする。
     広報・情報提供・出版事業などでは、今年度は4大学で寄附講座を開講。このほか、「物流連懇談会(仮称)」の開設、「3PL人材育成概論研修」や「フォローアップ研修」、災害時の救援物資輸送に関する「物流基礎研修(仮称)」などの研修事業も行う。
    ◎関連リンク→ 日本物流団体連合会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら