Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本通運 3温度帯で保温が可能

    2012年11月30日

     
     
     

     日本通運は9月、温度管理輸送容器「定温マルチボックスII」の販売を開始した。
     治験薬や特殊薬品、検体などの厳格な温度管理が必要な輸送ニーズに応え、長時間の温度管理・維持が可能な輸送容器。容器内をマイナス30〜マイナス20度、2〜8度、15〜25度の3温度帯での保温が可能。


    112804.jpg
     サイズもS、M、Lの3種類を用意。温度管理トレーサーによる輸送中の温度経過記録と容器内温度の可視化サービスもオプションで付加できる。
    ◎関連リンク→ 日本通運株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら