Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    国土交通副大臣が就任会見「安全対策を早急に」

    2012年11月7日

     
     
     

     国土交通副大臣の就任会見が10月10日に行われた。伴野豊副大臣は、自動車運送業の安全対策、事業規制のあり方について「適正な事業経営のため、ハードルをどこに据えるか、どういったチェック機能を持たせるかが非常に重要。高速ツアーバス事故を契機に、一層見直しを図り、審議会を設け検討を進めている。報告が出しだい、早急に安全対策を講じたい」と述べた。


    110205.jpg
     長安豊副大臣は、航空について伊丹空港、関西国際空港の経営統合、羽田空港の24時間空港化の実現、LCCの就航など「大きな前進だった」と一定の評価を示した。
     国際コンテナ戦略港湾については「いかにして日本の競争力を高めていくかがポイント。北米航路の日本への寄港が年々減少している。現在、釜山でトランシップされている貨物を2015年には半減させて、日本の港から北米、欧州に直接運んでもらえるように取り組む」と話した。
    ◎関連リンク→ 国土交通省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら