Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    女性ドライバーに見られるハンディ

    2014年2月14日

     
     
     

     「昔と比べて女性ドライバーが増えてきたが、プロ意識のある女性ドライバーが、どれだけいるのか」と話すのは、近畿地方で女性ドライバーとして働いていた経験を持つ運送会社の事務員。「男性社会だった運送業界に女性が進出するのはいいこと」としながらも、「プロとしての意識のないまま、高額の所得を簡単に手に入れようとしているだけなら、結局、女性ドライバーは業界には定着しない」と苦言を呈する。
     「自身に与えられた仕事をきちんと一人で出来るようになる。簡単なことだが、女性ドライバーにしてみれば、この初歩から始めないといけない。できないと『やっぱり』と見られてしまう」という。


     自身も「女性には任せられない」と、仕事をさせてもらえなかった経験を何度もしているという。「だれかが助けてくれる、という考えでは、いつまでたっても一人前になれないし、女性ドライバーが一般に認められるのも遠くなってしまう」とも指摘する。
     「女性にとってドライバーは、かなりのハンディがある。でも、その中でも必死に努力している女性ドライバーもいる。それを同じ女性ドライバーが足を引っ張っていることも少なくない」と話す。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら