Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    西濃運輸 マルハチ村松流通センターで従業員へ初の研修会

    2014年3月13日

     
     
     

     西濃運輸(大塚委利社長、岐阜県大垣市)は3月3日、2012年2月から3PLを受託して運営している天然調味料・だしメーカーのマルハチ村松(静岡県焼津市)の流通センターで、同センターで働く従業員向けに「食品品質安全マネジメント研修」を2月18日に開催したと発表した。
     厳しい安全管理が求められる食品物流の品質を認識するため、初めて企画されたもので、流通センター内で主に管理者として働く西濃運輸の8人のほか、マルハチ村松からも5人が参加。


    031709.jpg
     講師を務めたセイノー情報サービスの物流技術担当執行役員で工学博士でもある早川典雄氏は、食品業界で発生した品質安全問題を例に挙げながら、食品輸送に求められる品質と、事故リスクの軽減策について説明。
     参加した従業員は「食品を扱っているという認識が薄れないよう、今後も継続して勉強会を開催したい」「ここでピックした商品が自分に送られてくる場合を想定し、安心して食べることが出来るように、ピックや検品梱包法などを考えていけば、お客さまとの信頼が深まる」と感想を述べるなど、食品輸送に対する認識を一層深めた。
    ◎関連リンク→ 西濃運輸株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら