Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    セイノーHD PPPが好調、釜山に新センター

    2014年4月14日

     
     
     

     セイノーホールディングス(田口義隆社長、岐阜県大垣市)は3月6日、2012年5月から提供している「釜山・プラットフォーム・プロジェクト(PPP)」が好調なため、年内の営業開始をめざして第2物流センターの建設を始めたと発表した。
     PPPは、釜山港の機能・メリットを最大限に活用したセイノーグループのロジスティクスサービスで、製品を輸出入する際、日本国内ではなく釜山港で保管・加工作業を行うことでコストメリットを提供していくもの。


    031818.jpg
     第2物流センターは敷地面積約3万1000平方m、延べ床面積約3万5000平方mの6階建てになる予定。このうち1万5000平方mは、熊東背後物流団地では初となる冷蔵・冷凍倉庫とする計画で、食品や精密機器、半導体などの保管・流通加工業務の需要を見込んでいる。
    ◎関連リンク→ セイノーホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら