Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    JILS 物流コスト調査の結果を発表

    2014年6月9日

     
     
     

     JILSは4月25日、物流コスト調査の2013年度分の結果を発表。2013年8月〜2014年3月にかけ、(1)ミクロ物流コスト(企業物流コスト)(2)ミクロ物流コスト等の動向(定性調査)(3)マクロ物流コスト(4)海外の物流コスト(国際比較)(5)物流コスト削減策の実施状況――について調査。
     全業種による「売上高物流コスト比率」の2013年度は4.77%で、前年比では0.05ポイントの微増。近年は5%弱の水準が続いている。一方、米国では7〜10%弱で、13年度は8.41%と倍近い差が開いている。


     さらに、日本の売上高物流コストを業種小分類すると、小売りの通販が12.09%で一番高く、次いで製造業の窯業・土石・ガラス・セメントの8.69%、製造の要冷食品8.57%となった。リバース物流の割合は2.67%で、そのうち返品・返送が1.69%、回収が0.74%、廃棄が0.14%、リサイクルが0.10%。全体ではおおむね3~4%で推移し、11年度は4.09%と過去10年で最高値だったが、昨年は3.14%に落ち、今年はさらに0.47ポイント下がった。
     日本の物流コスト削減策調査では、混載化や帰り便利用で積載率を向上する策が182社中118社、在庫削減が107社、物流拠点の廃止・統合・新設などの見直しが104社だった。
     これらの調査結果報告会を、東京は6月11日、名古屋は同12日、大阪は同13日、福岡は7月3日に実施する。
    ◎関連リンク→ 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら