Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本自動車部品工業会 「パレット、適正運用を」

    2014年8月22日

     
     
     

     日本自動車部品工業会は8月21日、パレット適正運用に関する取り組みのお願いを発表。
     同工業会は平成25年度から国際委員会、FTA・通商部会の下部組織として国際物流ワーキンググループ(WG)を設置し、国際物流に関する企業の困りごとに対応している。WGの事業を進める中で国際物流だけでなく、国内物流においても課題があることがわかり公表した。


     自動車部品各社は、社名入りで購入した自社パレットもしくはレンタルパレットを使用して車両メーカーへの納入を行っている。しかし、約1m四方の樹脂パレットは非常に汎用性が高いため、物流中継地や車両メーカーの部品受入場から他社に流出し、そのまま他社の社名入りパレット使用が常態化していることが多く見られる。そのため、部品メーカーによっては多くのパレットが紛失し、新規購入せざるを得ない状況となっている。
     パレット運用適正化に向けて次の3点の周知・徹底をお願いしている。(1)車両メーカーへの納入、自社内の部品保管には、自社パレットもしくはレンタルパレットを使用し、他社メーカーのパレットを無断使用しない(2)車両メーカーから空箱を持ち帰る場合は、納入時に使用されていたパレットを使用するよう契約輸送会社に周知・徹底する(3)自社内で他社パレットは使用しないよう、改めて関係部署への周知・徹底する。
    ◎関連リンク→ 一般社団法人日本自動車部品工業会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら