Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    国交省 持続可能な物流システム検討会で現状と問題意識共有

    2014年11月10日

     
     
     

     国交省は10月29日、「地域を支える持続可能な物流システムのあり方に関する検討会」を開催。
     少子高齢化等を背景として過疎化が進みつつある地域では物流の効率が低下する一方、車を運転しない者の増加に伴い、日用品の宅配などの生活支援サービス等のニーズは高まっており、過疎地における事業者とNPOなどの協働による宅配サービスの維持・改善や買い物難民支援にも役立つ新たな物流システムの構築が求められていた。
     第1回会合では検討会の設立目的を説明したほか、現状や問題意識について共有。「小さな拠点」の形成推進のための取り組み、過疎化の現状、集落活動センターの構築、宅配サービスなどに関する高知市の取り組み事例などを紹介した。


    111103.jpg
     今後、11月末~12月に第2回、来年1月~2月に第3回の会合を開き、年度末にとりまとめを行う予定。
    ◎関連リンク→ 国土交通省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら