Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    阪神電鉄 宅配便を活用した荷物活用サービス

    2015年5月10日

     
     
     

     阪神電気鉄道(大阪市福島区)は5月7日、日本郵便や澁澤倉庫と提携し、新規事業として、宅配便を活用した荷物預かりサービス「利創庫(risoco)」を本格開始したと発表。同サービスは宅配便を活用し、専用ボックス(段ボール)の送付を受けたお客が書籍などの荷物を封入・送付した後、荷物を倉庫で保管するというサービスで、個人のお客が段ボール一箱から、全国どこからでも利用できるのが特徴。
     システムの試験運用を目的として2月22日から順次、三省堂書店、紀伊國屋書店梅田本店と提携した書籍の預かりサービス及び、エフアンドエムと提携した書類の預かりサービスなどを試験的に実施していたが、システム面で一定のめどが立ったことから、本格的に本サービスを開始した。


    052712.jpg
    ◎関連リンク→ 阪神電気鉄道株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら