Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    圏央道・神埼ー大栄間 開通1ヶ月「渋滞が改善」

    2015年9月2日

     
     
     

     国交省と東日本高速道路は8月31日、圏央道の神埼インターチェンジ(IC)~大栄ジャンクション(JCT)間10kmの開通1か月後のストック効果を発表。都心経由から圏央道経由に転換した場合、宮野木JCTからつくばJCT間の都心を経由する交通の割合が約6割から約2割に減少した。
     成田空港からつくば市までの輸送時間が約30分短縮され、企業活動が効率化されることが分かった。さらに、一般道から圏央道へ交通が転換し、国道408号(土屋交差点)の交通量は、開通前の1日当たり4万1400台から、開通後は3万8800台となり6%減少。また、開通前に540mあった渋滞の列がゼロとなった。
     11月末までに北本桶川IC~白岡菖蒲IC間が開通し、東名高速から東北道が圏央道でつながる。北関東方面から湘南方面へのアクセスが強化され、沿線に立地する物流施設などの利便性が高まり、企業活動をさらに支援するなどの効果が見込まれる。


    ◎関連リンク→ 国土交通省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら