Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ラサール 首都圏で物流施設6物件開発

    2015年10月20日

     
     
     

     ラサール不動産投資顧問は10月20日、ラサールインベストメントマネージメントインクが組成した特定目的会社を通じて、首都圏で近代的物流施設を、現在建設中の2物件の他に新たに4物件、合計6物件の開発を進めていることを発表。
     代表取締役兼CEOの中嶋康雄氏は、「物流業界は業界内での変革や進化に伴い、各企業による物流効率化が一層加速していることから、今後も各企業の戦略的物流拠点となる適地を見定め、企業活動の多様なニーズに応える物流施設開発を進めていく」と話す。開発中の施設は次の6物件。


    112001.jpg
     ロジポート平塚新町(神奈川県平塚市、2016年5月竣工予定)▽同平塚2(仮称、同市、2017年春竣工予定)▽同相模原2(仮称、同相模原市、同)▽同川越西(埼玉県日高市、2016年1月29日竣工予定)▽同狭山(仮称、同狭山市、2017年春竣工予定)▽同柏沼南(仮称、千葉県柏市、同)
    ◎関連リンク→ ラサール不動産投資顧問株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら