Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    商船三井 高校生の訪問受け入れ、海運業への理解深める

    2015年11月20日

     
     
     

     商船三井は11月11日、海運業への理解を深める教育支援活動の実施について発表。同社では全国各地から高校生の訪問を受け入れ、海運業に対する理解を深めてもらう活動を行っており、10月上旬には県立鳥取商業高等学校(鳥取市)の生徒38人が東京国際コンテナターミナルを訪れ、ターミナルの見学を通じて海運業の役割の理解を深めた。
     また、10月下旬には私立新潟明訓高等学校(新潟市)の生徒39人に対して、本社ビルで、同社の安全運航を24時間365日支える「安全運航支援センター」の見学や、同社の仕事紹介や海運業のやりがいについて説明する場を設けた。
     生徒からは「あまり意識しなかった海運貿易の話をリアルに聞けて楽しかった」「普段買う物はほとんど船で運ばれていて、実は私たちの生活にとても深く関わっていることが分かった」などの感想が聞かれた。同社は、教育支援活動に今後も積極的に取り組むとしている。


    ◎関連リンク→ 株式会社商船三井

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら