Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    GROUND 自動搬送ロボットを日本市場に

    2016年2月25日

     
     
     

     楽天物流で社長を務めた宮田啓友氏(写真左)が指揮を執るGROUND(東京都江東区)が1月27日に記者発表会を開き、インドのロボットベンチャーGreyOrange社との資本業務提携と、アビームコンサルティングとの戦略的業務提携を発表した。
     宮田社長は、「eコマース市場の急速な成長と生産年齢人口の減少で、物流現場は非常に厳しい状況に直面している」と指摘。「この状況を打破するためには、これまでと同じ発想・手法では乗り越えられないと考えている。この現実に対し、当社として抜本的な解決策を提示していきたい」と語った。
     今後、同社は「世界最先端のテクノロジーに基づく革新的ソリューションによって創り上げる」高度でシームレスなクラウド型物流プラットフォーム「Intelligent Logistics」の推進に注力していくという。


    021202.jpg
     そのなかで、GreyOrange社が開発した自動搬送ロボット「Butler(バトラー)」を日本市場に投入。既に第一号案件として、ファッション・アパレルECサイトの運営を手掛けるダイアモンドヘッド(東京都港区)での導入が決定している。
    021201.jpg
     GROUNDの顧問として出席した元ソニー社長の出井伸之氏(クオンタムリープ、同右)は、「2016年という非常に良いタイミングで、志のある素晴らしいチームができた」と賞賛した。なお、同社には、日本3PL協会の加藤進一郎専務(元トーヨーカネツソリューションズ社長)と上智大学の荒木勉教授も顧問として名を連ねている。
    ◎関連リンク→ GROUND株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら