Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    白ナンバーの規制求める声 責任問える管理体制を

    2016年6月21日

     
     
     

     「我々が、どれだけ安全対策を講じて事故防止と業界のイメージアップに努めても、白ナンバーが事故を起こせばトラック全体が悪者扱いされる。こういった悪質な事業者に対し何らかの手は打てないものか」と話すのは岐阜県の運送事業者。
     安全運行に腐心する事業者が存在する半面、運送事業に適用される規制を免れ、活動している白ナンバー事業者。こうした事態に規制を求める声が各所で挙がっている。
     また、「お客同士のつながりから白ナンバー経由で仕事をお願いされることもあるが、内容は積載量や運行時間に無理のあるものが多い。我々緑ナンバーの事業者が安全に力を入れている一方、こうした事業者のためにトラック全体のイメージが悪くなるのは遺憾だ」と話すのは同県の別の運送事業者。


     積載量など規制に関する情報を、その都度伝えているが効果は現れないという。同事業者は「おそらく知っていてやっているのだと思う。彼らは責任を問われない立場にいるのだから、守ろうとしないのだろう。白ナンバーが運送を頼めないようにするか、彼らにも責任が向くような制度を求めたい」と、今以上の管理体制を求めている。
     東海地区のある免許センターでは、免停講習で普通免許所持者による、中型以上の車両での無免許運転を警告しているという。センターの講師は「最近、仕事先からの指示で適性以上の車両を運転させられ、免許違反、免停となるケースは少なくない。こうした事態に陥らないよう、講習を受けた方々には仕事先で車に乗せられる際に、確認するよう呼びかけている」と警告している。
     こうした被害があった現場の中にはもちろん、白ナンバーの事業者も存在しているというが、緑ナンバーの事業者ほどの行政処分はないという。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら