Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    物流連 「生産性向上設備投資促進税制」利用案内を発表

    2016年5月30日

     
     
     

     物流連(工藤泰三会長)は5月19日、「生産性向上設備投資促進税制」利用の案内を会員向けに発表した。「先端設備」=A類型や、「生産ラインやオペレーションの改善に資する設備」=B類型を導入する際に、特別償却50%や税額控除4%といった税制優遇を受けることができる。期間は平成28年4月1日から平成29年3月1日まで。
     対象となる設備は、機械装置、冷房用または暖房用機器、断熱材、電気設備、昇降機設備、ソフトウエアなど。基本的に業種や企業規模に制限はなく、製造業のみならず非製造業を含めた幅広い事業者が利用可能。要件などの詳細や申請方法については、経済産業省のウェブサイトに掲載。


     物流連は、「業務の見直し、荷主への呼びかけなどで、高齢者、女性の働きやすい環境づくりに検討いただければ」としている。
    ◎関連リンク→ 一般社団法人日本物流団体連合会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら