Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    効率化のジレンマ 長続きしないドライバー

    2016年11月21日

     
     
     

     「ドライバーの気質や思考が変化してきている」。経営者の間で昨今、よく聞かれる話だ。かつては長時間労働である代わりに、大学卒の会社員よりも稼ぐことができた運送業界。ハンドル一つで家を建てることができた。しかし、近年の運賃の低迷、長時間労働の抑制により、かつてほど稼ぐことは困難になっている。この現実にジレンマを抱える神奈川県の運送事業者がいる。
     同社は、配車効率を徹底的に上げることで、低運賃をカバーしてきた。低運賃のなかで、十分な利益を確保し、ドライバーの給料に還元するためだ。他府県からの就職を助けるため、社員寮を備えているほか、免許取得支援制度を設けるなど、ドライバーを確保するために対策をとっている。


     同事業者の悩みは、ドライバーが長続きしないこと。良い給料がもらえる半面、車の稼働率は高い。結果として、ドライバーの負担が増える。貯金や家の購入など、それぞれの目標を達成した段階で辞めてしまうことが少なくないという。「家を建てて、これから頑張るのかなと思っていたら、突然辞めてしまう」と同事業者はもらす。
     稼ぎたいドライバーには好評だが、「そうした考えのドライバーを見つけることは年々困難になってきている」と話す。同社では、休みが多いほうが良いというドライバーのために、稼働率の少ない仕事を準備するようになった。価値観が多様化している現在、仕事と人材のマッチングは、より重要なものとなっている。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら