Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    山田運送 ラッピング自販機を設置

    2017年5月1日

     
     
     

     飲酒運転の根絶を呼びかけるラッピング自動販売機が、山田運送(山田英樹社長、滋賀県大津市)に設置され、除幕式が2月2日に行われた。収益の一部は、交通事故で親を亡くした遺児を支援する公益財団法人「おりづる会」に寄付される。
     同事業は、キリングループと県警が飲酒運転根絶の機運を高めるため、県内企業と連携してラッピング自販機の設置を進めているもの。ト協の会員事業者では、同社のほかにナツハラ(彦根支部)、古川運輸(同)が同自販機を導入している。山田社長は大津支部の支部長を務めていることもあり、会員事業者への普及を目指し導入を決めた。
     除幕式には山田社長、キリンビバレッジバリューベンダー、おりづる会事務局など関係者が出席。そのほか、県警のマスコット「けいたくん」、同運動のマスコットである「ハンドルキーパーくん」も参加し、「しない させない 飲酒運転は犯罪です」とラッピングされた自販機が披露された。


    030211.jpg
     除幕式で山田社長は「業界をあげて飲酒運転撲滅に取り組んでいるが、飲酒運転は一向に減っていない現状がある。大津から発信して県内に広く活動が浸透すれば」とあいさつした。また、大津警察署交通官の今井実氏は「今回の自販機導入は、大津市内では3件目。改めて『飲酒運転は犯罪』ということを訴えていきたい」と述べた。
     山田社長は今回の自販機導入について、「社員が自販機をよく利用することもあり、売り上げの一部が寄付されるという活動に貢献できればと思った。支部の定例会議でも紹介し、支部の事業者にも導入を勧めていきたい」とコメントした。
    ◎関連リンク→ 山田運送株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら