Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    キリングループロジスティクス 2016年度大賞発表会

    2017年3月30日

     
     
     

     キリングループロジスティクス(加藤元社長)は3月10日、「2016年度キリングループロジスティクス大賞」の発表会を開催。同賞は、有益な創意工夫、改革、チャレンジ、安全・衛生など、業務遂行上で著しい成果をあげた取り組みや、社会的功績で会社の名誉となる取り組みに対して贈られる。
     今年度は、全37件の候補の中から、グループの部で11件、個人の部で1件が選ばれた。発表の模様はテレビ会議システムで、全国の支社に中継された。
     当日は、受賞を果たした案件の取り組み発表を実施。専用バースを創設し、配送用車両と転送用車両の待機列を分散することで、日々の現場作業の終了時間を約2時間早期化した取り組み(東日本支社物流管理部湘南支店)や、ドライバー不足などの物流環境悪化や納品条件に関する改善点について、キリンビバレッジ営業担当者と情報共有を行う勉強会の開催(本社物流管理部・支社物流管理部)、教育体制を整備・新入社員の受け入れ体制の強化ならびに、過去最高となる16人の内定者を確保した新卒採用活動(本社人事総務部・支社総務部)といった事例が披露された。


    033008.jpg
     発表終了後には、表彰式が行われ、加藤社長から受賞したグループ・個人に対して表彰状と記念品が授与された。加藤社長は、「16年という歴史が物語るように、改善意識の高さ、課題発見力、取り組みを段取りし、完遂する力が披露されたと感じた」と総評を述べ、「仕事に取り組む上で大事な知恵・技・心が感じられた。人の質、仕事の質を上げることがキリン品質を上げることなる」と強調した。
    ◎関連リンク→ キリングループロジスティクス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら