Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    既存ドライバーの確保に苦戦 新規営業したいが人手不足

    2017年6月30日

     
     
     

     大阪府で地場輸送をメーンに事業を展開している運送事業者では、人材不足で新規営業がしにくい状況になっていることに頭を抱えている。同社は、即戦力よりも未経験者を雇用し、時間をかけた教育をするなど、人材教育に力を入れてきたという。
     現在、その未経験者ですら募集をかけても来ない。同社では、新規営業をすることができずに悩んでいる。「新しい仕事を獲得して車両も増やしたいが、すぐに納車できないだけでなく、求人を出しても人が来ない。営業もやりにくくなってきた」とし、「新規の仕事をとっても対応できる自信がない」と話す。
     また、募集をかけても人材が来ないことから、既存のドライバーを大切にすることを第一に考えている同社長は、「現状の仕事を止めて新たに仕事をするにしても、ドライバーとヒヤリングをして、できるかどうかを確認しながら仕事を取っている。既存のドライバーも辞めてしまえば、自社の首を絞めてしまうだけ」と嘆く。


     「昔のように人が集まる時代ではなくなった。それ以外にも人件費や燃料価格など様々な部分でおカネがかかってくる。その中で、できることをしっかりと探しながら、会社と社員を守っていける営業活動を考えていかないといけない」と話す。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら