Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    東京流通センター 「構内再開発」第一弾が完成、テナント企業に受け渡し開始

    2017年6月30日

     
     
     

     東京流通センター(小野真路社長、東京都大田区)は6月30日、2015年8月から構内再開発の第一弾として進めていた「物流ビルB棟」の完成にあたり、竣工式を行い、既に契約しているテナント企業に随時受け渡しを始めた。
     東京モノレール「流通センター」駅前の好立地で、延べ床面積17万1300平方m、地上6階建ての次世代・都市型物流施設として建て替えを行い、基本区画1フロアは430坪だが、最少160坪から最大6720坪までの組み合わせが可能というフレキシブルな賃貸体系。室内は自由に区切ることができ、保管・作業・事務処理のスペースが施設内にまとめることも可能。ビルの両端には幅広のランプウェイも完備し、館内は一方通行で大型トラックも余裕をもって通行できる。小野社長は竣工祝賀パーティーのあいさつで「この物流施設の一番の特徴は、歩車分離構造であること。安全・安心を第一に、三菱地所の協力を得て、マンションのような設計で歩行者通路を外廊下として確保した。住民の少ない周辺に、温かみのある建物にしたいという思いもあった」と説明。


    071507.jpg
     免震構造はもちろん、角フロアには非常用専用のランプと電源2口を装備。電源は非常時に作動させるビルの非常用電源に直結しており、最低限の電源は確保できる。同ビルは日本政策投資銀行が認証するビル認証ランクで最高評価を取得。現在、テナントは7割程度が決まっているという。
    ◎関連リンク→ 株式会社東京流通センター

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら