Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    アルフレッサHD 久留米市に高機能物流センター

    2018年10月29日

     
     
     

    アルフレッサホールディングスは10月11日、傘下のアルフレッサ(東京都千代田区)が福岡県久留米市に、厳格な温度管理が求められる医薬品流通の国際基準「PIC/SGDP」を想定した設備やRFIDを活用した高機能物流センターを竣工したと発表した。

    センターは、自動倉庫での最新免震装置の採用や72時間稼働する大型非常用電源の設置で、災害時でも持続的な稼働が可能で、九州各地へ医薬品を安定供給できる体制を構築している。

    医薬品の流通過程における温度管理、衛生管理、各種手順書などの作成に関する国際基準PIC/SGDPを想定した管理体制PIC/SGDPを想定し、全ての入出荷口にドックシェルターや二重シャッターの設置、空調設備のバックアップ機能、防虫防そ対策など厳格な温度や衛生管理体制をとっている。

    災害発生時の継続的な供給体制建物は、病院や学校に求められる耐震強度と同等の耐震等級I相当で、自動倉庫には高機能の免震装置を設置している。

    ◎関連リンク→ アルフレッサホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら