Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ヤマト運輸 通販事業者向け総合決済サービス開始

    2005年6月30日

     
     
     

     ヤマトグループのヤマト運輸(山崎篤社長、東京都中央区)とヤマトフィナンシャル(栗原信行社長、東京都中央区)は30日、通信販売等の商品代金決済サービスのラインナップを拡充し、「通販事業者向け総合決済サービス『宅急便コレクト』」を開始すると発表。
     ヤマトグループでは、1986年から荷物の配達時に品代金を現金で回収する代金引換サービスを展開。2001年にはインターネットによるクレジットカード決済サービスを開始してきた。
     近年の通販市場の拡大に伴い、決済方法が多様化。カード・コンビニ・携帯電話での支払い等、決済手段をもっと充実して欲しいという声も多かったという。
     今回、セールスドライバーによる「お届け時のカード払い」の全国展開と、「コンビニ・郵便局払い」「パソコン・携帯払い」を新たに導入し、「通販事業者様向け総合決済サービス『宅急便コレクト』」を開始する。
     これにより、通販事業者は、総合決済サービス『宅急便コレクト』は、通信販売における主要な決済サービスを一括して利用でき、要望に応じた支払い方法が可能となる。
     一方、商品の受取側は、支払い方法の選択肢が増えるため、都合にあった支払い方法を選定できる。
                   

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら