Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    川崎汽船 LNG船シミュレータを大幅に拡充

    2005年7月27日

     
     
     

     川崎汽船は27日、LNG船シミュレータを大幅に拡充したと発表。既に稼働しているボイラーを含めたLNG船荷役シミュレータに加えて今回、LNG船の主機関であるタービンプラントの操作シミュレータを導入したことで、総合的な操作訓練が可能となった。
     東京都町田市にある同社研修所に設置された同シミュレータは、川崎汽船と川崎造船、川重テクノサービスが約1年かけて共同開発したもの。65インチのリアプロジェクタディスプレイ画面に実写映像、写真、コンピューターグラフィックで製作した3D画面を映すことで機関室内をリアルに再現し、画面上に表示される機関室内の操作スイッチや弁を3Dマウスで操作することで機関プラント全体がその通りに反応する。
     シミュレーションとしてプラントアップ・ダウン、入出港作業、通常航海、緊急時対応などの操作訓練ができ、初心者から熟練者まで個々のレベルに応じ幅広い訓練が可能。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら