Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ヤマトオートワークス トラック事業者の利便性向上、車両整備工場を札幌に新設

    2005年10月18日

     
     
     

     ヤマトグループのヤマトオートワークスは18日、事業用トラック事業者の利便性を向上し、さらなるコスト削減を実現するための車両整備工場を札幌に新設したと発表。
     「スーパーワークス」と呼ばれる施設の敷地面積は約5000平方メートルで、建築延面積は約1000平方メートル。整備スタッフは「スーパークルー」と呼ばれ、全員が検査員資格を保有する。整備員の作業にともなう移動距離を抑えるコンパクトな作業場レイアウト、大型リフト1基につき小型車2台が同時に作業できる業界初の大型・小型兼用リフトの開発、入庫から出庫まで一度も入れ替えを必要としない一筆書きのレイアウトなどで生産性の向上を実現。また、廃油・粉塵の吸引処理装置や雨水の循環再利用施設、廃油利用の工場内床暖房システムなどを採用し、周辺環境や地域特性へも配慮する。
     同社は運送事業者の「自家工場」として、トラックの整備や車両管理にかかわるトータルコストの削減を使命としている。今後、同様の施設、整備システムを全国に展開予定。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら