Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本通運 「原木インターナショナルロジスティクスタウン」竣工

    2006年6月8日

     
     
     

     日本通運は8日、「原木インターナショナルロジスティクスタウンBLGD—1」(千葉県市川市)を竣工した。
     同施設は戦略ロジスティクス拠点として輸送、保管、配送、納品などの一連の業務を一貫体制で行う。成田、羽田国際空港の中間点に位置し、東京港など国際港にも近く税関も隣接するロケーション。
     原木地区の地理的な特徴を活用するため、同施設には40フィート海上コンテナが接車できるトラックバース5基を設置。保管施設は7段高層ラックを設置し、最終出荷締め切り時間を延長するなど高品質な輸送体制を整備している。
     さらに改善提案からアフターフォローに至るロジスティクスデザインの専門スタッフが常駐しており、顧客ビジネスの立上時からコアビジネスへの移行を迅速に行うことが可能となっている。
    ◎関連リンク→日本通運

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら