Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    UR都市機構 「URビジネス・ロケーション・フォーラム2006」を開催

    2006年10月31日

     
     
     

     都市づくりの一環として企業向け施設用地の提供を行っているUR都市機構(独立行政法人都市再生機構)は10月30日、東京・品川インターシティホールで「URビジネス・ロケーション・フォーラム2006」を開催。
     企業施設の立地選択での成功事例が発表され、パネリストによる意見交換が行われた。また、基調講演では、ビジネス・ブレークスルー(東京都千代田区)の大前研一氏が『企業の立地選択の条件〜生産・物流・オフィス・商業〜』をテーマに講演。
     会場は立ち見が出るほどの盛況で、聴講者は真剣な眼差しで講演に聴き入っていた。大前氏は日本での物流分野の立地戦略について、「圏央道が通れば各方面へアクセス良好となる埼玉県が日本の重要な物流エリアとなる」と説明。
     「トラックばかりが集まるというマイナスイメージは古い」とし、「物流に最適なエリアとなればIT産業なども進出してくる。物流企業の誘致は地域振興に適している」と語った。
    ◎関連リンク→都市再生機構

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら