Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    SGホールディングス 貨物システムをオープンシステムに刷新

    2006年12月28日

     
     
     

     SGホールディングスとフューチャーシステムコンサルティング(フューチャー)はこのほど、佐川急便の基幹システムのひとつである「貨物システム」をオープンシステムに刷新し、稼働したことを発表した。
     「貨物システム」の稼働は、メーンフレーム以外では実現できないと言われてきた大量トランザクションを必要とする日本最大級の大規模システムを、オープン系の分散・並列処理で実現可能なことを実証。オープン化により、同システムでは1日最大1000万個の貨物取扱個数に関わる1億件以上の貨物データを格納し、一般顧客と1万台以上の社内クライアントからの貨物データ利用を可能とした。
     
     佐川急便では、8月から5か年計画となる情報システム刷新プロジェクトを開始。「貨物システム」は、同プロジェクトでの第1弾の稼働となる。
    ◎関連リンク→佐川急便

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら