Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    DHLジャパン 「関西国際空港ゲートウェイ施設」開設

    2007年6月8日

     
     
     

     ディー・エイチ・エル・ジャパン(DHLジャパン)は7日、通関や保税倉庫機能を持つ同社専用の保税蔵置場(上屋)「関西国際空港ゲートウェイ施設」を開設した。
     投資額は約50億円。同施設は、延床面積1万100平方mで、関西国際空港の滑走路に面した国際貨物上屋C棟に位置。広さは、国際エクスプレスサービスを提供する会社として同空港で最大となる。


     同施設を開設することで、中国関連を中心とした関西エリアでの貨物量増加・重量化に対応し、貨物処理のさらなるスピード化を目指す。自動仕分け装置を導入し、1時間あたり7500個の貨物と2000通の書類(従来比約3倍)が仕分け可能になる。
     また、同施設内にはIT技術を駆使して貨物輸送情報をリアルタイムでモニタリングするほか、セキュリティカメラ映像の監視や、危機対応中枢機能の役割を果たす「クオリティー・コントロール・センター(QCC)」も開設。TAPAのAクラス認証も取得しており、貨物の安全確保を図っている。
    dhl400.jpg
    ◎関連リンク→DHLジャパン

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら