Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    好調だった鋼材輸送 帰り荷確保が困難に

    2007年7月5日

     
     
     

     好調を維持してきた鋼材輸送に陰りが見えている。鋼材輸送はここ数年、トレーラを増やす事業者が多く、増やせば儲かる状態できたが最近、関西の一部事業者では関東・中部で帰り荷物確保が困難な状況になるなど不安を口にしている。
     大阪府堺市の鋼材輸送業者は、鋼材輸送用のトレーラを増車してきたが、今年は予想以上に荷動きが鈍り一部トレーラが止まっている。昨年の同時期も若干の低迷は存在したが、帰り荷物を探すのが難しくなることはなかった。燃料費の値上げなどもあることから、「今後の対応を考えないと大変な状況になる」と危機感を募らせる。
     また、別の事業者でも大手鋼材輸送の下請で、鋼材輸送を行っているが、物量の落ち込みはひどいと感じている。同社も増車で車両を増やしてきているので、「今後の物量の確保と見通しを考え対応したい」と話すなど、厳しい現状を深刻に考えている。(佐藤弘行記者)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら