Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    佐川急便 「北九州中継センター」10月にオープン予定

    2007年8月13日

     
     
     

     佐川急便(栗和田榮一社長、京都市南区)は10月、新北九州空港の近くに「北九州中継センター」(仮称)をオープンする。
     首都圏と九州の間で増加している通販関連や地元名産品、生鮮食品などの貨物輸送需要への対応を図る。
    新センターは、福岡県京都郡苅田町に建設。
    2万3526平方mの敷地に4階建て(延べ床面積4万2172平方m)の建物。
    九州発着荷物の集約拠点となるハブセンターに加え、商品の入荷から出荷までの物流業務を総合的に請け負う3PL機能と、SGホールディングスグループの航空貨物会社「ギャラクシーエアラインズ」の航空輸送機能を組み合わせることで、ワンストップサービスを提供する。
    「リードタイム短縮によるトータルロジスティクスの実現を目指す」という。
     施設内の物流センターには、既にジャパネットたかたの入居が決定している。
    関連リンク:佐川急便

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら