Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日通 トラック大手で初めてサーチャージ制導入

    2008年6月17日

     
     
     

     日本通運は5月30日、国交省に「貸し切りトラック」で燃料サーチャージ導入の新運賃・料金を届け出た。トラック大手では初めてで6月分から適用。
     新運賃は直近3か月の平均軽油価格を反映する方式で、今回は3〜5月までの平均価格を基準に導入。関東地方で731円をプラス。サーチャージの発生する軽油基準価格は石油情報センター発表の小売価格を参考に決定。運輸局管内別に関東、北海道、東北、中部、近畿、九州で1Lあたり78円、北陸信越、中国が79円、四国77円、沖縄総合事務所76円とし、3か月平均がこれらの基準値を下回れば徴収は中止となる。


     ただ「顧客の取引形態が多様で一律の適用は難しいほか、満額で払ってくれるか分からない。価格交渉はこれから」としている。サーチャージ導入はBtoBの幹線輸送の「貸し切り」のみで、メーン市場の宅配便、特積み貨物、引越輸送では導入を見送った。
    ◎関連リンク→日本通運

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら