Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    物流施設面積6.9%の増加 近畿運輸局調べ

    2008年7月3日

     
     
     

     近畿運輸局と神戸運輸監理部は24日、関西の物流施設(営業普通倉庫)の状況(19年度末時点)をとりまとめた。
     それによると物流施設の延べ床面積は803万平方m(前年度比6.9%増)で、増加地域は大阪430万7000平方m(同7.6%増)、兵庫228万4000平方m(同)、滋賀76万5000平方m(同10%増)。


     事業者数は975事業者(同3%増)で、増加地域は大阪509事業者(同1.6%増)、兵庫276事業者(同6.2%増)、滋賀72事業者(同5.9%増)、和歌山33事業者(同3.1%増)。
     新規施設の規模は、3000平方m以上が5割となった。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら