Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    特定荷主の半数がCO2排出量を公開 国土交通政策研究所調べ

    2008年7月29日

     
     
     

     国土交通政策研究所は18日、省エネ法の特定荷主(約800社)を対象としたアンケート調査を行い、約300社から回答を得たと発表。約半数の特定荷主が消費者を意識して、CO2排出量の情報を公開していることが分かった。


     また、調達物流に関するCO2排出量の把握状況については、把握している特定荷主は78社、把握していない特定荷主は221社となった。さらに、「海外での物流」のCO2排出量を把握している特定荷主は12社だった。
     CO2排出量を公開するに当たってのデータ把握方法は、「自社データのみで算出」が82件、「他社(物流事業者など)からデータ提供を受けて算出」が42件、「自社および他社のデータを活用して算出」が161件となっている。
     調査結果の詳細は、同研究所のホームページまで。アドレスは、http://www.mlit.go.jp/pri/

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら