Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ピップフジモト 三重に物流センター建設、拠点最適化図る

    2008年9月2日

     
     
     

     医療衛生用品やベビー用品、ヘルス用品などの製造・販売会社、ピップフジモト(藤本久士社長、大阪市中央区)は、三重県桑名市多度町に約28億円をかけ、物流・配送センターを建設する。工期は平成21年4月から同22年1月まで、操業開始は同年5月の予定。用地面積は2万1000平方m。


     同社は、ピップトウキョウ(松浦由治社長、東京都千代田区)との2〜3年以内の合併を目指して経営統合を進めており、東西両社の接点であり狭間でもあった中部に物流拠点を新設することで物流効率化を推進する。新センター稼働後は現中部センターを閉鎖、中部・北陸・信越のセンター拠点の最適化を計画。
     新センターには防塵対策のドッグシェルターや二階からの出荷品搬送用に垂直輸送機も導入する予定となっている。(小澤裕)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら