Now Loading...
 
  • トピックス

    第48回:倒産寸前から立ち直ったが

    2011年6月17日

     
     
     

     今期も昨年に続き赤字決算になる会社があります。社長の会社は今から7年前に不渡りを出して倒産するところまできていました。不渡りとなる前日、自己破産を覚悟して弁護士に相談したところ、自己破産はいつでもできる、それよりも迷惑をかける会社関係の方々に支払いを延期してもらい、会社の再生を図りなさいと言われました。社長は弁護士に言われたように行動し、業者の協力を得て支払いを延期してもらい、会社再生を目指すこととなりました。その後、社長の必死の努力で会社は何とか立ち直り、延期してもらった支払いも5年間で何とか返済することができました。


     しかし、世界同時不況発生で会社は赤字決算に戻ってしまいました。この赤字を何とかしようと仕事をとりましたが、代金回収が全て手形となるので、金融機関に手形割引の枠を増やして資金をつなぐことの必要に迫られています。約1か月前に金融機関に手形割引枠を増やす申し込みをしたのですが、いまだに返事がありません。7年前からすれば会社は再生できたとしても、金融機関の借金は条件変更したままであり、残高が減っていないこと、昨年の決算が赤字であることが原因でほったらかしにされているといいます。

     今期の決算を粉飾して黒字にすれば何とか手形割引枠が増えるのではと悩んでいましたが、苦しかったことが思い出され、真面目にやってきたこの7年間が無駄になってしまう、と思い直しました。金融機関には更にほったらかしにされることを覚悟し、今期も赤字決算をすることとしました。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら