Now Loading...
 
  • トピックス

    新トラック運送経営のヒント(1)良い会社にする為の「肝」

    2011年12月26日

     
     
     

     ドライバー募集をすると、その運送会社の実力が分かります。ドライバーのレベルが高い運送会社は、募集すると多くの応募者がきます。さらには応募者のレベルが高いのも特徴です。今いるドライバーの紹介で知人が入社してくることもあります。



     最近、驚くべきことがありました。数年前に辞めたドライバーが親戚の方に「どこかいい運送会社はないか」と相談されたようなのです。その辞めたドライバーが「それだったら、僕が昔いた◯◯運送がいいよ」と紹介してきたのです。当のご本人は辞めてから、その運送会社がいかに素敵であったかが分かったそうです。

     その◯◯運送については後日談があります。先日、知人の保険代理店の方に電話した時のこと。
    「そういえば、◯◯運送って和田さんの顧問先だよね」
    「そうですけど」
    「この前、ある運送会社の社長さんと話をした時に偶然、その◯◯運送さんの話が出てね。あの◯◯運送ってすごいね! いいドライバーが多いし、会社もしっかりしているよね」
    そう話したそうなのです。私の顧問先なだけで私の実力では全くないのですが、何だかうれしくなってしまいました。

     そんな話の一方で、ドライバー募集をしても応募がほとんどなかったり、違反や事故を繰り返している問題ドライバーしか応募してこない運送会社もあります。「どうして、こんなひどいドライバーを雇用したんですか」と質問すると、「ドライバーが足りず仕事を回せなくなってしまうので、仕方なく入れてしまいました」という答えが返ってきました。どうですか? 同じ中小運送会社でこの違い。

     これまでのコンサルティング経験から言えば、「社長の経営哲学、人生哲学」に行き着きます。自社で働くドライバーや管理者を「本当に」大切にしているかどうか。甘やかすこととは違います。厳しいことを言う時には言い、褒める時には褒める。それができているかどうか。たくさんの社長さんとお会いしてきて「ココが肝」だと痛感させられます。規模が大きくても中身のない運送会社。規模は小さくても中身のある素敵な運送会社。

     新時代に求められる運送経営、「新トラック運送経営」のヒントを次回からお伝えしていきたいと思います。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら