Now Loading...
 
  • トピックス

    第168回:中古車購入で赤字にする

    2014年2月6日

     
     
     

     社長と奥さん2人で経営している小さな会社があります。会社を始めて16年になりますが、決算では税金を払いたくないので、いつも少なからずの赤字にしています。それは、売り上げ先が固定されており、毎年同じくらいの売り上げが見込めるため、そこから逆算して社長と奥さんの給料を算出し、決算利益が黒字にならないようにしていました。


     ところが、社長は今期の決算は大赤字にしておきたい、というのです。理由は、来期に毎年一定の仕事のうちの一つから倍の注文を受けるため、黒字決算となり税金が発生する、というのです。社長は、決算で利益が出るために給料を上げると、個人の住民税、健康保険料まで何から何まで金額が上がってしまうので税金を払うのは堪忍してほしい、というのです。

     試行錯誤した結果、会社で車を買おうということになりました。経過年数が5年以上の高級車ですが、来期決算の黒字と同じくらいの金額で購入しようという計画でした。どうして5年経過なのか、と申しますと、新車の高級車は税務署では5年間で損金に計上し、毎年減価償却費という損金を計上して最後1円の帳簿価格になるまで減価償却します。

     しかし、耐用年数が5年以上経過している中古車は2年間で減価償却費を計算して車の全部を損金に計上します。今期と来期の2年で車の全額を損金にし、来期の決算も少しの赤字決算の予定ができた社長は、今、5年経過した新古車のような車に乗っています。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら