Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第106回:省エネの第一歩、見える化システムで電気料金15%削減

    2011年8月23日

     
     
     

     『省エネに取り組んで、コスト削減できるのはいいが、具体的にどうしたら良い?』
     私どもが物流事業者様とお話ししていて、しばしば伺う声です。多くの方が、省エネビジネスが拡大していくことを肌で感じられ、その波に乗っていきたいと考えていらっしゃいます。そこで、『具体的には、第一歩として、まず何をすればよいのか?』というご相談を受けます。


     省エネの具体的取り組み方をお話しする前に、まず、省エネとは何かというところから考えてみたいと思います。省エネとは、エネルギーの省力化です。エネルギーとは、電気、ガス、油、水のことです。つまり、省エネとは、電気、ガス、油、水の使用料金を削減することを指します。
     省エネの第一歩は、過去2年間分の電気、ガス、油、水の使用量、使用料金を把握することです。その際、特に削減できる可能性が高いエネルギーは、電気であるケースが多いのです。電気は、大きく照明、空調、設備に分類できます。しかし、これらは明細では使用量を把握することができません。
    そこで有効なのが、電気の見える化です。見える化システムを導入することで、正確な使用量を計測できます。しかし、現在、見える化システムは200以上もの商品、サービスがあると言われています。エクセルで管理するものからWeb上で管理するもの、リアルタイムに自動で把握できるもの等、様々なシステムがあります。見える化システムの導入だけで、電気代を15%削減した例は多々あります。
     見える化システムについて詳細を知りたいという物流事業者様は、是非お気軽にお問い合わせください。船井総研とお付き合いのある7,000社超のエコメーカーネットワークから、信頼のある見える化システムをご紹介いたします。
    (株式会社船井総合研究所 宮地哲平)
    ☆船井総研が運営する環境ビジネス情報サイト「eco-webnet.com
    ※記事は10年9月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら