Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第174回:倉庫見学会で受注率を上げる

    2012年12月11日

     
     
     

     見込み客と効率よく出会う方法に、倉庫見学会の実施があります。その名の通り、荷主企業や営業先・見込み客に自社の倉庫に来てもらい、倉庫内や設備、取り組み事項などを見てもらうのです。言葉や営業資料を使って説明するよりも、実際に見てもらう方が、自社の強みを伝えやすいでしょう。


    funaikawa.jpg
     倉庫見学会を開催するにあたってのポイントは三つです。まず、現場の5Sです。当たり前ですが、大前提として5Sがいきわたっていること、社員教育をしっかりし、元気なあいさつや、しつけ・マナーが徹底されていることが必要です。そうでなければ逆効果でしょう。これらをクリアしている企業は、見学してもらうことで間違いなく受注率が上がります。
     二つ目に、集客のためのフックです。倉庫の見学だけなら個別にいつでもできるので、その日に参加する必要性がありません。そこで、倉庫見学だけでなくセミナーも併せて開催したり、見学会に参加された方限定で特典をつけたりするなど、その見学会の日に参加しなくてはいけない理由をつくるのです。
     そして三つ目に、タイムスケジュールです。見学会のスケジュールとして、昼食をはさむこともポイントです。ご飯を食べながら、ざっくばらんな話をすることで、より参加者との距離が縮まるでしょう。また、朝一番から予定を組み、朝礼や清掃から見学・参加してもらうことも有効です。
     倉庫見学会の効果としては、荷主の獲得だけではありません。何より従業員の意識が変わります。お客様から見られているという感覚が、働いている意識を変えさせ、現場を強くします。社員教育にも最適なのです。
     もし今すぐできなくても、社員の方に「半年後に開催する!」と宣言して、それを目標に現場を改善していけばいいでしょう。ぜひ一度、チャレンジしてみてください。
    (株式会社船井総合研究所・河内谷庸高)
    ☆船井総研が運営する環境ビジネス情報サイト「eco-webnet.com
    ※記事は11年12月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら