Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第224回:「好き」を育てる

    2013年12月9日

     
     
     

     いわゆる「職人」がメーンプレーヤーの業種の場合、その職種に憧れを抱いている人、その仕事が好きな人を採用すべきです。「好きこそものの上手なれ」で、一生懸命に技術を追求する、望ましい職人になるでしょう。
     しかし、教育的な観点では、仕事を好きになること以上に、会社を好きになるように持っていくべきだと思います。自社の社風や仲間を好きになれば、自分自身の目的・目標を会社のそれらと重ね合わせて、発展させられる人財となるからです。


    funaihashimotorensai.jpg
     運送会社の場合でも、トラックや運転が好きなだけの人は、会社のビジョンや方針と合っているかは問わず、自身の業務だけに集中してしまう傾向にあります。また、簡単に辞めてしまう人でもあります。なぜなら、同業他社でもトラックの運転はできるからです。さらに、そういう人は部下や後輩を育てることを嫌がります。「自分は、そんなことをするために入社してきたわけじゃない」という主張です。世に言う「職人根性」です。
     会社を好きになるための教育は非常に重要だと思います。具体的には、初期教育、およびその後のフォロー教育のカリキュラムに次のような項目を入れて、しっかり作り込むことが必要です。
     (1)経営理念・ビジョン(2)会社概要(3)自社の強みと戦略(4)創業からの歩み・沿革(5)経営トップのプロフィール・半生(6)各経営幹部のプロフィール・半生(7)社員満足につながっている特徴
    (船井総合研究所・橋本直行)
    ☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net
    ※記事は13年3月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら