Now Loading...
 
  • ブログ・高橋 久美子

    第295回:セミナーで多くのものを持ち帰る方法(4)

    2015年11月2日

     
     
     

     引き続き、「セミナーに参加して、より多くのものを持ち帰る方法」についてお伝えします。
     【セミナー用名刺を作成する】
     私が開催するセミナーに初めて参加する人が皆、驚くことがあります。何に驚くのかというと、「参加する人たちの名刺が、普通の名刺と違う」ということにです。
     私のところでは、セミナー開催時に名刺交換を推奨しています。セミナー会場には「新しい仕事がほしいと思っている人」が参加しますが、「実践して結果が出て、仕事を受けきれなくて困っている人」も参加します。実践して結果が出ているメンバーは、全国に信頼できる協力会社を探しています。つまり、セミナー会場は、全国規模の大きな営業会場でもあるのです。


     ところが、セミナー会場では大勢の人と名刺交換をします。あなたも経験があるかもしれませんが、10人以上と名刺交換した場合、通常は全員の顔と名前を覚えることは難しいです。セミナーから帰った後、印象に残っていなければ、せっかく良い取引に発展するかもしれなかったチャンスを逃がすことになります。
     ここで、あなたが現在使用している名刺を見直してみて下さい。何が記載されているでしょうか。会社名・役職名・氏名・連絡先だけの名刺では、お互いに探していた条件とマッチしていなかった場合、思い出してもらえる可能性はほとんどありません。
     それでは、どんな名刺を作れば、たくさんの名刺の中で記憶に残ることができるでしょうか。
     会社情報・トラック情報・トラックの写真・メールアドレス・フェイスブックページ・自分の趣味など、いろんな案が浮かぶかもしれませんが、名刺に第一に記載すべきものは、ずばり「あなたの写真」です。名刺作成業者のマーケティングが成功したため、似顔絵名刺が流行していますが、似顔絵ではなく、写真のほうが効果的です。
     例えば、あなたは人の顔写真を躊躇なく破ることができるでしょうか。人の顔が入っているだけで、破ったり、ゴミ箱に捨てにくくなるのが人間の心理です。イラストでも文字でもなく、名刺に掲載する情報の中で最強のものは、あなたの顔写真なのです。現在の名刺に顔写真を掲載していないという人は、今すぐ写真入りの名刺を作成して下さいね。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    高橋 久美子

    あなたの会社が儲かっていない本当の理由
    規制緩和により、夢大きく独立開業した運送会社の社長たち。その社長さんたちが、規制緩和後の業界環境の変化により、今、とても厳しい状況に立たされています。経営不振の影響によるメンテナンスの不備も懸念され、それが引き起こす悲惨な交通事故も、連日ニュースで報道されています。このような危機的状況を受け、中小規模運送会社の根本的な経営改善と救済を目的として発足したのが、私たち「全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会」です。

    全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会

     
  • 「ブログ・高橋 久美子」の 月別一覧

     
  • ブログ・高橋 久美子」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら