Now Loading...
 
  • ブログ・野口 誠一

    第244回:出だしから赤字決算

    2009年11月13日

     
     
     

     Dさんに転機が訪れたのは平成2年である。たまたま金融業者の自宅を塗装したのがきっかけだった。その日すべての作業を終え、手間賃を受け取ろうとしたところへ酒が出され、金融業者と雑談になった。その雑談のなかから、思いがけない提案がとび出した。
     「そんなに仕事があるなら、事業化したらいいじゃないか。会社を立ち上げて塗装職人を雇い入れ、ガンガン稼げばいい。会社組織にすれば、法人や官庁など大口の仕事も入るようになる。カネならいくらでも貸すよ」
     この金融業者の言葉に、Dさんは驚いた。いままでそんなことは考えたこともなかった。たしかに忙しいときは職人仲間に手伝ってもらったりはしたが、事業とか会社とかは念頭になかった。が、魅力的な提案である。
     Dさんはその話にのった。それまでコツコツ蓄えたマイホーム資金に、その金融業者が貸してくれた500万円を加えて会社を設立。事務員1人と塗装職人を3人雇い入れた。
     初年度の売り上げは1億円を超え、Dさんの予想をはるかに上まわったが、それにふさわしい利益が上がったかといえば、まったく逆。出だしから赤字決算を強いられた。
     この決算にDさんはショックを受けた。1億円以上も売り上げて赤字とはいかなることか。土・日返上で働きながら赤字とはいかなることか。Dさんは納得がいかないが、それが経営である。もとより、売り上げイコール利益ではないし、経営に関する限り「稼ぐに追いつく貧乏」もある。Dさんは仕事一筋の職人気質にかたよりすぎていたかもしれない。
     経営者は常に視野を広げ、先見力を養い、世の中の動きと業界の動向を的確に把握しておかなければならない。そのうえに立って決断と実行を繰り返していくのが経営者である。Dさんはその点に欠けていたかもしれない。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    野口 誠一

    八起会 会長
    株式会社ノグチプランニング 代表取締役

    昭和5年 東京生まれ、日本大学卒業。
    昭和31年 25歳で玩具メーカーを設立し、従業員5名・月商150万円でスタート。 わずか5年で従業員100人・年商12億円を売り上げるまでに成長させる。
    しかし、ドルショックと放漫経営がたたり、昭和52年に倒産。自宅や工場などの全資産を処分して負債を処理し、会社を畳む。
    翌53年、倒産経験者同士が助け合う倒産者の会設立を呼び掛け、『八起会』を設立。
    弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る『倒産110番』を開設。
    再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を無料で奉仕している。
    昭和59年 株式会社ノグチプランニングを設立し、再起をはかり、執筆活動や全国各地で講演活動を展開している。
    平成28年2月18日 東京都内の病院にて逝去、享年85歳。

    電話番号:03-3835-9510(倒産110番)
    HP:http://yaoki.html.xdomain.jp/

     
  • 「ブログ・野口 誠一」の 月別一覧

     
  • ブログ・野口 誠一」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら