Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    サプライチェーンセキュリティの充実

    2010年4月26日

     
     
     

    大型連休へ
    まもなくの大型連休の到来を控え、好天が続いています。
    上海万博の開催も迫っているので、行かれる方も多いのではないでしょうか。
    中国ビジネスの新領域を発見するヒントが見つかるかもしれません。
    サプライチェーンセキュリティとAEO制度
    AEO制度とは、国際物流におけるセキュリティ管理と円滑化を促進するために税関当局などが認定した輸出入関連事業者、運送事業者、倉庫事業者などに対して、通関手続きの簡素化などを認める制度です。
    認定された事業者には通関手続きの審査・検査のプロセスが一部免除などで簡素化されます。
    輸出者を対象とした特定輸出申告者制度、輸入者を対象とした簡易申告制度、倉庫業者を対象とした特定保税承認制度、通関業者を対象とした認定通関者制度、国際運送事業者を対象とした特定保税運送制度が、すでに運用されています。
    サプライチェーン全体を網羅するかたちで輸出入業者、倉庫業者、通関業者、国際運送事業者のそれぞれをAEO制度の対象とし、制度を整備してきたわけです。
    AEO制度の大きな特徴として、グローバルサプライチェーンの観点からの貨物に対するセキュリティ対策があげられます。
    貨物の中に爆発物、毒薬、不正薬物などが紛れ込むことがないように細心の注意が払われなければなりません。
    それゆえ荷差し、荷抜きなどが絶対に行われないような業務体制、業務手順の整備が必要になってくるのです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら