Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    通関情報処理システムの活用

    2010年5月24日

     
     
     

    梅雨入りへ
    そろそろ梅雨入りが気になり出しました。
    傘が手放せない季節が迫ってきているわけです。
    NACCSの活用
    貨物の輸出入に関する税関の手続きはNACCS(ナックス:通関情報処理システム)によって行うことが可能です。
    税管、船会社、航空会社、通関業者、混積業者、銀行などが参加業種で、設置された端末を使うほかにもインターネットを利用したNET‐NACCSを利用することもできます。
    NACCSには海運貨物を扱うSea-NACCSと航空貨物を扱うAir-NACCSがあります。
    NACCSで、海上貨物や航空貨物の入出港、積荷関連の諸手続き、輸出入貨物の諸情報の登録・管理、輸出入の申告、関税の納付手続きなどを行うことが可能です。
    なお、2010年より新しいシステムに刷新され、Sea-NACCSとAir-NACCSのハードウエアなどが統合されました。
    これにより、これまで以上に有機的、効率的な運用が実現されることになりました。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら