Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    リユース、リサイクルと輸出管理

    2010年8月13日

     
     
     

    夏の甲子園
    夏の高校野球のシーズンになり、連日、熱戦が繰り広げられています。
    優勝の行方も気になります。
    中古機械の輸出
    中古機械などを日本から輸出する場合、輸出国側の日本でのサーべヤー(検査員)による船積み前検査が義務化されている国もあります。
    輸入国でそのまま、あるいは修理すれば使用できることを確認しなければなりません。
    また、中古機械などの輸入が原則禁止となっている国もあります。
    リサイクル、リユースなどがグローバルで重視されつつある状況を考えると、中古品についても輸出管理をいかにしっかり行うか、社内体制などの整備を行っていく必要があります。
    というのは、中古品の輸出についても新品の輸出と同様にキャッチオール規制(全品目輸出管理制度)の対象にならないかどうかを確認する必要があるからです。
     
    ちなみにキャッチオール規制ではたとえ汎用品であっても需要者(輸入国)の意図、用途によっては大量破壊兵器の生産に結びつく国への貨物、技術の輸出に規制がかけられています。

     
     
     
     
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •